薬剤師の転職理由

薬剤師が転職したいと思う理由は主に、人間関係や年収等待遇面での不満が挙げられます。

また、今後必ず来るであろう薬剤師余りの時代に備え、スキルアップを目指しての転職を考える方も多くなっています。

薬剤師は一般の人からは資格があるだけで高給が貰えていいなぁなどと勘違いをされていますが、

とても大変な仕事です。

薬局やドラッグストア内の狭い人間関係でつまずけばとたんに追い込まれてしまいますし、

また人の命に関わる薬を取り扱う専門家である事から、ミスの許されない仕事でもあります。

それでいて、時にレジ打ちや品出しに奔走し、お客様や患者さんのクレームを受け、ストレスを抱えてしまいやすい、負担の大きさも問題です。

高給と言ってもそれほど昇給して行けるケースは少なく、初任給から殆ど変化していない薬剤師も多いのではないでしょうか。

今後6年生の薬学部を卒業した学生がどんどん市場に現れ、職場の奪い合いが始まる前に待遇の良い職場に転職してしまうのは一つの方法でしょう。

薬剤師の転職理由で多い物は?

このように様々な理由で転職して行く薬剤師ですが、実際に多い転職理由上位をご紹介して行きます。

薬剤師は人間関係が大変!女性が多い職場の為、ストレスを抱える事も

薬剤師の男女比は大体3:7と言われています。

女性の多い職場が多く、人間関係がドロドロしてしまうケースも。

足の引っ張り合いや陰口などで、職場に幻滅してしまう・・・ただでさえ肉体的にも精神的にも負担が大きい仕事なのに、人間関係までストレスを抱えてしまってはなかなか続かないですよね。

都心の薬剤師は儲からない?地方に転職すると高給取りに

他の職業ではあまり無い事なのですが、薬剤師は都心程給料が安い傾向にあります。

地方は薬剤師不足が顕著であり、それなりに好待遇にしないとなかなか成り手がいないのです。

そこで年収アップを目指す薬剤師は、都心から地方へと転職するケースが多くなっています。

管理薬剤師へのキャリアアップを目指したい

調剤薬局やドラッグストアでは管理薬剤師を常駐させることが義務付けられており、このポジションにつく薬剤師は好待遇が望めます。

しかし、自分の職場では既に先輩薬剤師が管理薬剤師を勤めており、とてもポジションに空きが出そうにない・・・

そうなれば転職を考える人が出てきます。

未経験から管理薬剤師になれる求人もあり、これも地方に行けばすぐに管理薬剤師へ転職できるケースもあります。

現在の職場で頑張る事も大切ではありますが、転職と言う選択肢も視野に入れ、柔軟に対処して行く事が賢く生きる秘訣ではないでしょうか。

薬剤師の転職情報をまとめたサイトをご紹介

こちらの薬剤師求人・転職サイトランキングでは、薬剤師の求人、転職に関わる情報が充実しています。

各転職サイトをランキングで評価し、それぞれの特徴がまとめられていますので、余計なサイトにいくつも登録する手間が避け、自分に真に必要な薬剤師転職サイトだけを活用することが出来ます。

沢山登録してしまうと営業から電話がかかってきて面倒ですからね^^;

こういった有用なサイト、情報を活用し、薬剤師としての待遇改善を図っていきましょう!